おとーちゃんの出産カウントダウン

千葉在住・41歳のおとーちゃんと36歳のママちんです。
ワンコ1匹・ニャンコ2匹と一緒の結婚生活も7年がすぎました。
昨年、初めての妊娠・・・しかし早期の流産。
様々な紆余曲折を経ましたが、ママちんのおなかに再びベイビーが宿り、
Baby Name "NATSU" は、順調に成長。そして・・・
2009年08月22日22時20分に無事元気な産声をあげてくれました。
妊娠から出産まで・・・
おとーちゃんの目線で綴った赤ちゃん誕生までの記録です。

誕生したNATSUの成長は「おとーちゃんの夏(NATSU)物語」で記録しています。
お時間のある時にでも、見てやっていただけると幸いです(*^-^)

◎掲載の記事・写真の無断転載・無断使用は固くお断りいたします
Copyright(c)2009 http://zenith.air-nifty.com/natsu/ All Rights Reserved.

|

コメントへのお礼です

先日は出産の報告には、たくさんのコメントをいただきありがとうございました。
皆様のコメントを見てまたあの瞬間を思い出し、涙ぐんでしまいます。
この場をお借りしてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

IMOUTOくん
かわいいスタイをたくさんありがとうね。
出産道具もたくさん譲ってくれたのでホントたすかりました。
これからはいとこのNATSUをよろしくね。

みきさん
一時は帝王切開を覚悟していただけに、自力で産まれてきたNATSUにはありがとうと言いたいですね。
今もあんまり泣かない偉い子!?
ママちん思いのいい娘になって欲しいです。

クローブーさん
いままでたくさんの親バカ指南をいただきありがとうございました。
数少ない現役パパさんの言葉に何度元氣をいただいたことか。
これからもクローブーさんに続く親バカ路線を邁進しますね。

みりんさん
立ち会い出産、最初はビビっていましたが経験して良かったと思います。
子供を産むことがどれだけ大変なことなのか、ママちんと共有できましたからね。
この日のことを忘れないで新米パパ・ママはがんばります。

tommyさん
tommyさんもベビー誕生しましたね。おめでとうございました。
赤ちゃん・・・とってもかわいいものですね。想像以上です。
これからも育児にがんばっていきましょう!!

ぽしゃんさん
さんざん待たされた挙げ句に、突然の陣痛と出産。
まさかこんなに早い展開が待っているとは思ってもいませんでした。
そろそろ産まれた頃でしょうか! 安産をお祈りしています!!

pretzさん
pretzさんと同じ獅子座の女の子にギリギリセーフでした。
これからは乙女チックよりも強くたくましい女性の時代!?
イギリスでの子育て日記も楽しみにしていますのでまたお付き合いください。

greenjuiceさん
みなさんが次々と出産される姿をブログで拝見してたくさん勇気をもらいました。
そのおかげでしょうかね、安産だったのは。
これからもまたブログを拝見させていただきます!

蒼さん
産まれたての一ヶ月ってとっても時間の流れが速いんでしょうね。
そして顔も身体も日に日に変化して行くんだろうなぁ。
素敵な写真で子供の記録をつくりましょうね!!

サダオさん
お久しぶりでした。赤ちゃんきっと大きくなったんでしょうね。
サダオさんのイラストでとても和ませていただいてありがとうございました。
これからも男の育児がんばりましょうね!!

Azusa2号さん
いただいた安産菌のおかげでスムーズな出産ができました。
あまりの急で早い展開に気持ちの整理もつかないままで驚いたくらいです。
これから初物づくしの育児ですが、楽しんでがんばります!!

akamamaさん
はじめてのコメントで祝福していただきありがとうございました。
これから出産されるんですね。あと少しの妊婦さん生活楽しんでください!
安産菌パワーで素敵な出産をされることを祈っております。

またまた来ちゃいました~♪さん
たくさんコメントを残していただいてありがとうございました。
獅子座のなっちゃん、元気にミルクを飲んでおります!
またたま〜にでもブログでお付き合いくださいませ!!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

NATSUの成長っぷりはおとーちゃんの夏(NATSU)物語で記録しています。
お時間のある時にでも、NATSUの顔と私の親バカっぷりを見て笑ってやっていただけると幸いです(*^-^)
私もまた皆様のブログにお邪魔させていただきます!!

Ba3  Ba4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

退院しました

産後五日目。
予定通り退院することができました。
でも昨日は黄疸が出てしまい退院がちょっと危うかったんです。
でも治療のおかげで数値も下がって一緒に退院できました。

帰り際には、NATSUを取り上げてくれた助産師サンや多くのスタッフの方に見送っていただき、病院の皆様には感謝、感謝でございます。
おかーちゃん曰く、食事もおいしかったし、何よりも支えてくれた全てのステッフの方々がとても優しくてとても満足のいく入院生活だったようです。
ありがとうございました。

帰ってからのお話は「おとーちゃんの夏(NATSU)物語」を見ていただくとして、こちらではおっぱいのお話。

最初は血が混じるなど順調とは言えなかったママちんの母乳ですが、今はもう全開バリバリでたくさん出るようになった反面、張ってしまって搾乳しないと痛くてしょうがない事態に・・・。
痔の痛みも何のその、乳首の傷と張りの痛みに耐えております。
手動ポンプ式の搾乳機はいただいたので使ってみたのですが、もうそれじゃ追いつかないほどになってしまったため、急遽電動の搾乳器を購入することに。

病院でも使っていた「medela/メデラ」の個人向けミニ電動搾乳機で、両方のおっぱいから同時に搾乳できる優れもの。
少々お値段も高いのですが、もう痛みには変えられません。
どうかこれで痛みから少しでも解放されますように・・・。

090826_1_3そんな訳で、ついに自宅での育児がスタートしました。
ちなみに今ママちんは手動で搾乳をしています。
ピューピューとスゴい勢いで飛んでいるようです。
NATSUはミルクの時間以外はずっと寝ているいい子です。
とーちゃんは・・・
すでに親バカ全開ですヽ(´▽`)/

Ba1
Ba2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

産後三日目

産後三日目。
NATSUもママちんも元気にしております。

NATSUを預かってもらってひとり病室で眠ったママちん。
多少疲れはとれたようで、朝一番のメールは「体重計を持ってきて〜」。
病院に体重計が見当たらないらしく、何キロになったか計りたくてしょうがないママちんのために持っていくことになりました。
まだおなかの見た目は妊娠6ヶ月くらい??
意外にしぼまないものなんですね。
気になる体重は、出産直前よりも3.0kgダウン。
アレレ・・・
NATSUが3368gで胎盤と出血で700gくらい。
だいたい4000gは減っている計算なのに???
食事もたいして摂ってないし何ででしょうかね。
楽観していた産後の減量計画に暗雲がたちこめた瞬間でございました。

母乳は随分出るようになりました。
助産師さんの的確なマッサージで右のおっぱいはほぼ開通。
搾乳して飲ませてあげることもできました。
左はまだ多少血が混じるものの出は良くなってきたみたい。
ただすでに乳首にキズができ痛くなってしまい軟膏を塗っています。
おっぱいを口に含ませるたびに「イタタタタ・・・」と顔を歪めるママちん。
でも出産の痛みに比べりゃ屁でもないわ・・・と強いお言葉でした。
今はまだ母乳とミルクを半々ずつのペースです。

縫った会陰に関してはもう痛みはなく、やはり痛みの原因は「痔」。
結構大変なことになっていたので、注入する軟膏を処方してもらいました。
治るにはしばらくかかりそうな感じです。

090824_2

さて明日の午前中には退院になります。
いよいよ我が家での子育てがスタートするのでがんばります〜(*^-^)

NATSUの成長ブログ「おとーちゃんの夏(NATSU)物語」はこちら

Ba3  Ba4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

産後のママちん

出産後、一夜明けた日曜日。
面会時間開始とともに病院に入ると、ママちんは元気な笑顔でした。
NATSUが検診中でいなかったのでゆっくり話しを聞くと・・・

私が帰った後もしばらく分娩室で経過観察をしたそうです。
その間にNATSUに初乳を与えたのですが、ここで問題が。
まだおっぱいに血がまじり、ほとんど赤い状態だったんです。
そこでミルクを作ってもらってはじめての授乳を。
その後NATSUは新生児室で預かっていただき、ママちんは出産後3時間以上かかってやっとお部屋に帰ることができたということです。

産後の痛みは切開した会陰の痛みだと思っていたママちんですが、今朝シャワーを浴びた時に確認をしてみると、それは痔による痛みだったことが判明!
実はママちんの会陰切開、通常よりバッサリと切ったらしいんです。
通常は頭が出てきた時にあと少し・・・と引っ張られている会陰の薄くなった部分を一部をカットするだけなのですが、ママちんはNATSUの心拍が少し弱ってきてしまったため、まだ頭が少ししか出てないうちに道を広げるために肉厚の部分をバッサリとカットされちゃったんです。
会陰切開って麻酔をしないと聞いていましたが、あのとき確かに先生は「切りますからねぇ」と言った後、麻酔を一本注射していたのを思い出しました。
そうそう、看護士さんが脚立に乗って上からお腹を押してNATSUを押し出している姿も!!
いま思い返すと、かなり壮絶な現場だったなぁ・・・
そんな訳で出産直後に会陰を縫うのも大変だったらしく、
あまりの痛みに「いったい何針縫うのよぉ〜、いいかげんにしてよ〜」と
先生にかなりの悪態をついていたようでした v(゚o゚)v
そりゃあそこを切るんですからね。想像しただけで痛い・・・。

血の出ていたおっぱいは、昨日の午後になって片方がほぼ開通。
まだ少し血のまじったピンク色ですが、どんどん吸わせていくことで出るようになるからと吸い付かせています。
まだ出が悪いせいもあるとおもいますが、それでも1時間以上吸い付いているNATSUはかなりのパワーの持ち主!?
しばらくはミルクとの併用で、おっぱいが全開になるのを待ちたいと思います。

090823

昨日はたくさんのお祝いのコメントをいただきありがとうございました。
ブログのつながりでこんなにたくさんの方に祝福していただけるなんてとてもうれしく思います。
ママちんが退院して皆様のコメントを見た後に、またお返事も入れさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

NATSUのブログ「おとーちゃんの夏(NATSU)物語」はこちら

Ba1 Ba2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

産まれました!!

2009年8月22日22:20分
NATSUが元気な産声をあげてくれました。
身長51.5cm 体重3368gの獅子座の女の子です。

前日の検診ではまだ時間がかかりそうだと言われていたので、来週の水曜日以降になるものだと思っていた私たちには突然の出産でしたが、陣痛から約12時間での出産となりました。

忘れないうちに出産までの記録をしたいと思いますが、
陣痛が始まるまでの過程は昨日のブログに記載したのでその後の話しを。

17:20分頃に病院に戻るとすぐに検診があり、子宮口が7cmまで広がってきて陣痛も強くなったのでそのまま分娩室に移動することになりました。

「エエッ!!まさかもう産まれるの!? これってすご〜く安産なのでは。」

そんな思いは打ち砕かれるとは知らずに待つこと30分。
分娩室には点滴をつけたママちんが横になっていました。

陣痛の波は確実に大きくなっていて、痛みが来るたびにコシやお尻を押してあげるのですが、私の腕を掴み「痛いよ〜」を連発。
波が引くとお茶を飲ませてあげて汗を拭いてあげてを繰り返します。
ここまで順調に開き始めていた子宮口もここで一休みしてしまったのか7cmからなかなか広がりません。

そのまま2時間が経過した19:30頃の検診でついに破水。
破水後は陣痛の強さが確実に強くなり、身体をよじらすほどの激しい痛み。
私と一緒に呼吸を整えながら耐えるママちんでしたが、
そのつらさは次第に痛みよりも「イキむ」ことのできないつらさに変わった様子。

「もうイキみたい!」
「まだよ、もう少し我慢して一気にだそうね」

ママちんの叫びと助産師さんの優しい声が交錯する分娩室。
そして21:00頃だったでしょうか。
子宮口が9cmになり、今度はイキむ作業が始まりました。
波が来たら深呼吸をして波が最大の瞬間に息を止めて一気にイキむ。
これでママちんも少し楽になったようでしたがそれもつかの間。
今度は何度イキんでも出て来ない、巨大な便秘のようなつらさが始まりました。
そして21:30、そろそろ産まれそうだから準備をしましょうと言うことで私は一旦廊下に出て待機します。

もうこの間はドキドキして落ち着かないこと・・・
赤ちゃんの泣き声が聞こえるたびに「エッ!産まれちゃった!?」とか、なかなかお呼びがかからないので、「俺の存在、忘れられてる??」とかいらぬことばかり考えていました。
この時間、長かったなぁ。
お呼びがかかったのは30分以上経過した22:00過ぎでした。

分娩室は先ほどまでと違い、手術着を着た助産師さんの他に、先生と看護士さんが二人の四人体制でママちんを囲んでいます。
私はママちんの頭の上が決められた場所のようで、頭を支えます。
この瞬間、すでに臨戦態勢。
何度もイキみながら出産を試みると少しずつ頭が見えてきた様子。
少し時間がかかったのか、それとも途中で引っかかったのか、先生が
「赤ちゃんが少し疲れてきたからちょっと切ることにするね」
と、麻酔を打って会陰切開をします。
このときママちんは痛みなんて感じていなかった様子。
そして間もなく「出てきてるよ」「あと少しだよ」「あと一息・・・」

私がママちんのお股のほうに眼を向けると・・・
出てきました! 助産師サンが取り上げてくれるとすぐに

フミ・・フミ・・フミャ〜〜!!

まるで子猫のような第一声を発してくれました。
ママちんに「よくがんばったね、ありがとうね」と声をかけると
赤ちゃんと同じように、フミ・・フミ・・と泣いていました。
そんなママちんの上にNATSUを載せてもらいます。

「こんなに大きかったの・・・」
「ママ、大変だったんだからね・・・」

よっぽどつらかったんでしょうね。
ママちんのホッとした笑顔がとても優しくなっていました。

私はまた分娩室の外に出て、親に報告の電話を入れました。
私もやっとホッとして、話しながら涙が出てきそうに。
いままでずっと口には出せずに不安に感じていたことも多々ありましたからね。
それが元気に産まれてきてくれて一気に気が緩んでしまいました。

しばらくすると看護士さんがNATSUを連れてきてくれました。
はじめて抱くNATSUは、私の方をじっと見つめていて何かを言いたげな表情。
ニコってしてくれたようにも感じたし、とても不思議な感覚ですね。
ちょっと男の子的なお顔でどっちに似ているかなんてまだ解りませんが、
耳たぶが福耳だったのは、ママちんも私も一緒。
これからどんなレディーに成長するんでしょうかね。

その後、胎盤が出るのに1時間20分かかり、ママちんと対面できたのは0時すぎ。
胎盤が出ずに大変だったことよりも、切った部分を縫ったのがメチャクチャ痛かったらしく、それはそれはつらかったそうです。
そして3人並んで初めての写真をパチリ。
すぐにプリントアウトしてプレゼントしてくれました。
私もNATSUのファーストカットをパチリ。

090822

これからたくさんの写真を撮って成長を記録したいと思います。

そんな訳で、40週と6日。
無事にNATSUが産まれたことをご報告させていただきました。
これまで多い日は1000人以上の方にアクセスしていただいて、暖かいコメントや励ましの言葉をかけていただき、本当にありがとうございました。
私もママちんも感謝・感謝でございます。
これから出産を迎える皆様。
一応出産まで12時間というのは、初産では早い方だと言うことでしたので、「安産菌」を置いて行きます。
みなさん、元気に出産を迎えられますように!!

このブログは出産までの記録なので、後日、妊娠生活の総括とママちんのインタビューを記して終了し、大切に保管したいと思います。

これからはすでに準備しました下記のブログでNATSUの成長を綴って行きますので、またお時間がありましたらお付き合いいただけると幸いです。

おとーちゃんの夏(NATSU)物語
http://zenith.air-nifty.com/natsu/

Ba1 Ba2
NATSUの誕生にポチッと祝福していただけると幸いです

| | コメント (13) | トラックバック (0)

+6days 陣痛、そして入院

◆40W6D◆

本日、やっと陣痛がきまして、先ほど入院となりました。

今朝9時頃に起きてきたママちんは特に変わった様子もなく朝食を食べたのですが、10時すぎから陣痛のようなおなかの痛みが発生。
生理痛やおなかが下った時のような痛みと言うことでトイレに行くも異常なし。
その後10分程度の間隔でおなかの痛みがおきたので陣痛と確信し、更に陣痛を促進させるために掃除や洗濯を開始。
するとおなかの痛みの程度も増して間隔も短くなってきました。
陣痛の間隔が5分程度・痛みが30秒以上継続するようになった12時半頃に一度病院に電話すると、病院に来てくださいとのこと。
すぐにシャワーを浴びて、荷物のチェックして13時半に病院着。
診察ではまだ子宮口が開いていなかったのですが、陣痛の波は大きくなる一方なのでそのまま入院となりました。

病室に入ると着替えをしておなかにNSTの器具を装着。
心地よいリズムのNATSUの心音が聴こえてきます。
最初5分間隔だった陣痛は次第に3分半間隔くらいになり、痛みはかなりのもののようで必死に痛みに耐えるママちんは今にも泣きそう。
2時間近く病室に付き添っているともう一度検診になりました。

すると子宮口は3cm程度開き始めたと言う報告。
今すぐってことはないけど、早ければ今晩中か明日の朝には産まれるかもと言うことで、いよいよその瞬間が迫ってまいりました。

私は自分と犬・ネコのごはんのために一旦帰宅。
このブログを書いた後に、面会時間の20時まで付き添いをしてきます。
立ち会いなので、夜間に産まれそうな時はすぐに電話をもらえると言うこと。
歩いて3分の距離なので、突発的出産でも間に合います!!
今晩はお酒も程々に、携帯を握りしめて寝なくては。

ちなみに、今日産まれると獅子座なんです。明日からは乙女座。
女の子だからなぁ・・・イメージ的には乙女座希望なんですけどね。
威風堂々・猪突猛進・プライドが高いと言われる獅子座なのか!?
神経質なまでに繊細・律義で責任感が強いと言われる乙女座なのか!?

産まれたらまたブログをアップさせていただきます。

Ba1 Ba2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

+5days 検診の結果は・・・

◆40W5D◆

今日は40W5Dの検診でした。
予定日を5日過ぎてもなかなか合図をくれないNATSU。
おなかで元気にしているのでしょうか??

■EFW(推定体重)■
 今回 3445g   5日前 3183g  +262g
■BPD(頭の横幅)■
 今回 計測なし   12日前 9.10cm 
■FL(太ももの骨の長さ)■
 今回 7.80cm   5日前 7.44cm +0.36cm
■AC(お腹の周囲長)■
 今回 33.40cm  5日前 32.84cm +0.56cm

まだまだ成長していますね。
体重は3500gに届きそうな勢いです。
エコーでの診断も問題なく、NSTも問題ありませんでした。
(今回もエコー画像は何が写っているのかわからないので掲載しませんでした)

さて、5日前の検診で指摘のあった羊水量と子宮口の開き具合。
羊水はその後減ることはなく今は問題ないそうです。
子宮口は相変わらず閉じたまま。
現状で陣痛を誘発させても効果があまり期待できないので、あと5日経過観察することとなりました。
26日にもう一度検査をして、赤ちゃんと母体の様子次第で陣痛を誘発させるか帝王切開での出産になります。
ということで、来週後半には出産が確定となりました。
どんな手段にしろ、母子共に安全に健康に出産できますように!!

ちなみにママちんは・・・
更なる出産の延長でモチベーションが保てないと少しナーバスになっています。
何もできずに過ごす日々と痛みでイライラが重なっているんですね。
自暴自棄にならないようにフォローしなくては。

産まれるタイミングは自分でコントロールはできないもの。
予定日より遅れるのはNATSUのせいでもママちんのせいでもありません。
天命を待つしかないと思うので、子供を授かった頃のうれしさやありがたみをもう一度思い出して、NATSUが元気にこの世に生を受けることができるように、残りの数日を過ごしたいものです。

NATSUを笑顔で迎えてあげようねhappy01

Ba1 Ba2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

+4days 最後の望みを叶えましょう

◆40W4D◆

妊娠後期のママちんのやりたかったことで、唯一やり残したこと。
それがホテルのランチバイキング!!
4月頃から行きたい、行きたいと騒いでいて、母の日にウチの母親と一度訪れてみたもののあまりの行列に撃沈。
その後しばらく話しを聞かなかったのですが「産む前に行っておきたいの〜」
と急に思い出したので、その望みを叶えに行きました。

昼過ぎに行くとすでに行列が・・・30分ほど待っての入店となりました。
ママちんはこのランチバイキングの目玉「ローストビーフ」に突進。
これを食べたかったんだよねぇ・・・。うん、厚切りでおいしそうだ!!
とりあえず色々とお皿に盛っていただきま〜す!

Uni_0376

ローストビーフ・・・最高!!うまいっす!!
おかわりおかわりで3人前ずついただいちゃいました。
他にドリアやポトフやゴーヤチャンプルもうまい!!
おっと、デザート用に胃袋を空けておかなくちゃ・・・と言いつつ
ママちんはほぼMAX状態まで食べちゃいました。
私はデザートにケーキを3つ、アイスを2つなどなどで STOP!!
これだけ食べて1800円なら満足でございます。

妊婦生活最後の食の暴走。
一応食後にデパート「そごう」に行って全館歩いてカロリー消費。
無駄な抵抗と解っていても、明日の体重計が怖いですからね。
夜になってもおなかは減らず、結局晩飯抜き。
今朝の体重は・・・なんと200gダウンでホッとしたママちんでした。

ちなみに予定日を4日経過しましたが、NATSUはまだ夏休み!?
出て来る気配はないですねぇ・・・いっぱい動いてはいるんだけど。
ママちんの食の暴走で巨大化していなきゃいいんですけどね。

Ba1 Ba2
皆様のポチっのおかげでランキング上位進出中!!ありがとうございます(*^-^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

+3days 抱っこをするために

◆40W3D◆

1年ほど前から右手の親指の下の関節のあたりに痛みがあったのですが、今年に入って右肘から上腕の筋にも痛みがあり、特に重いものを持つときとか、力が入らなくなってきたんです。
このままじゃNATSUを抱っこしてあげられなくなるかも・・・と思い、昨日近所の整形外科に行ってきました。

初めて診察を受ける整形外科だったのですが、先生はおじいちゃんがひとり。
患者さんもおじいちゃん、おばあちゃんばっかりで、ちょっと不安・・・。

問診をしたあとレントゲンを撮り、現像する間に治療室に入ったのですが、レトロな機材が並んでいてますます不安がつのります。
すると肘の治療をしますと、暖かくなる熱の照射を10分。
次に手首の治療をしますと、緑色の液体が入ってブクブクと空気が出るジャグジーのようなお湯に手を入れておくこと10分。
これって匂いも色もバスクリンじゃないの?? と思うと、
ありました「バスクリン」が。あまりのベタな落ちにひとりで苦笑いです。
きっとこんなんでも治療費が取られるんだろうなぁ・・・。

レントゲンの結果は異常なし。
先生の説明は丁寧なんですが、結局原因も何もわからずじまい。
湿布を貼られサポーターを替えの分まで持たされ、大量の湿布と痛み止めの飲み薬まで処方していただいちゃいました。
「まぁ、処方箋だけもらって薬局には行かなくていいや」と思って会計に行くと、そこにはすでに薬も湿布も用意されていて、請求額は4,050円。
オーッ!!なんてこったい!! こんなにするんかい!?
やっぱりバスクリンと熱照射も治療費になってるし・・・
もうこの病院を訪れることはないでしょう。

そんな訳で原因が解らず様子を見ることしかできないので、せっかく金を払ったお薬だけでも・・・と食後にいただくことにしましょう。

さて、今朝もまだ産まれる気配の全くないNATSU。
出産はほぼ来週になりそうと言うことで焦りもなくなって落ち着いたママちんは、帝王切開での出産についていろいろと調べております。
今週中に子宮口が少しでも開いてくれるといいんだけど。
あとは天に任せるしかないですね(*^-^)

Ba1 Ba2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«+2days 検診の結果は・・・